やっぽん・ゆかりどん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 証券アナリスト合格&マインドマップ資格勉強術(我流)

<<   作成日時 : 2010/08/01 00:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

やっぽんです。


今回もテネシー旅行記とは別の話題です。いつになったら続きを書くんだか(苦笑)。でも、来週お盆休みを取る予定なので、そこで更新しようと思っています(汗)。


今回は、やっとこさで日本証券アナリストの二次試験に合格しました。これで検定会員の入会資格がもらえます。(試験に合格する上に、3年以上の証券分析業務の実務経験が必要なのですが、僕の証券会社でのシステム開発業務もこの範囲内に入るようです。)


自分が怠けていたのもあったのですが(汗)、同期にそそのかされてアナリスト協会に登録し通信教育を始めたのが2004年。2005−2006年は何もせず。登録期限切れ直前の2007年にあわてて一次試験を一科目ずつ受け(2007年春:証券分析、2007年秋:財務会計、2008年春:経済)、2008年にやっと一次を通過。


二次については、大学サークルの先輩でありマイミクでもあるringさんから学校に通った方がいいとアドバイスを頂いたのですが、この頃自分の昇進もあり(精神的に)忙しくなってきたので、2009年は試験を見合わせることに。


・・・で今年に入って、僕のマインドマップの師であるムッシュ氏が開催した新年会にて、急にモチベーションが上がり、試験に取り組む事に。TACの講座に早速申し込みました。僕は1月末からの直前本科生コースを申し込みました。


大学以来の久しぶりの教室での授業は新鮮で楽しかったです。ここでマインドマップでノートを取ってみる事にしました。フルカラーでリアルタイムで書いていくのは無理だろうと思い、シャープペンシルのモノカラーでのミニマインドマップで取ってみました(その時のマインドマップ↓)。


画像



マインドマップのノート術は書いている間は授業に集中できるのですが、やっぱりモノトーンのマインドマップは記憶に残らない気が・・・。あとで色をつければいいやと思ったんですが、自分の勉強時間は授業で終わってしまい、復習をしない状態が続きました。


4月の模試は散々の出来。


ゴールデンウィークに入ってから直前講習が始まったのですが、ここでフルカラーのマインドマップでノートを取ってみることにしました。意外にもリアルタイムでもノートが取れる事が判明。出来上がったマインドマップも美しく、読み返せるものになりました(その時のマインドマップ↓)。


画像



そこから自宅で学習を始めました。基本的には模試や過去問の復習。わからなかった所を中心にマインドマップでまとめていきました(その時のマインドマップ↓)。


画像



試験直前には有給を取って図書館にこもり勉強。マインドマップも沢山書きました。


そしてついに、6月6日に学習院大学で9時〜18時の長時間の試験。手がつるくらいに答案用紙に書き込みをしました。


で、今週初めに日本証券アナリスト協会のウェブページで合格者発表。職場で見たのですが、自分の名前を発見した時は嬉しさのあまり小さくガッツポーズをしてしまいました。まぁ、システム屋にとってはあまり関係のない資格なので、周囲にはアナウンスしなかったのですが。でも、結局受かるまでに数年かかりましたし、簡単に取れる資格ではないと思っているので、大きな充実感がありました。


とはいえ、やはり家族の理解と支えが合格の要因として一番大きかったです。ゆかりどん、いつもいつも、家事や育児を頑張ってくれてありがとう!


最後に幾つか要点をまとめたいと思います。


マインドマップでノートを取る事のメリット


  1. 楽しんでノートを取れるので、授業に集中できる。
  2. 普通にノートを取ったらページ数枚になる情報がA4一枚に圧縮できる。(※誤解がないように。マインドマップでも板書をそのままとったら膨大な書き込みになってしまいます。1から10まで情報を写そうとしないように。自分が必要だと思った所だけをマインドマップで描けばいいのです。)
  3. 脳に効果的なノート術。(※うまく表現出来ないのですが、システム屋の僕が例えると、JAVAプログラミングでいう、Serialize In/Outというものと同じ感覚がします。オブジェクトのダンプを人間が解読出来ないファイルに落とし、そのファイルから同じオブジェクトを再生させるというもの。自分が書いたマインドマップは自分が見てわかればいいのです。他人がどう思うと知ったこっちゃない。)



我流マインドマップ資格勉強術のポイント


  1. 授業中のマインドマップでのノート術。板書やレジュメを丸写しにせず、自分が知らなかった事・重要だと思った所を中心にマインドマップでまとめる。
  2. 出来ればフルカラーで。モノトーンで書くとマインドマップ自体もぞんざいに描かれがちになる。
  3. 美しく描く必要はないが(他人に見せるわけじゃないし)、最低でも、自分が見直したくなるもの、見直したら思い出せるマインドマップを描こう。



資格取得一般のポイント


  1. 早めに過去問に取りかかって試験のポイントを掴む。
  2. 重要かつ自分がわからない所こそが勉強すべき所(デシラの窓)。
  3. 時間は工夫次第でいくらでも作れる。
  4. 継続は力なり。



参考図書(勉強術)


できる人の勉強法
中経出版
安河内 哲也


Amazonアソシエイト by できる人の勉強法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




マインドマップ資格試験勉強法
ディスカヴァー・トゥエンティワン
萩原 京二


Amazonアソシエイト by マインドマップ資格試験勉強法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


↑萩原京二氏は僕のフォトリーディングの師でもあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
大変お久しぶりです。ゆかりどんです。
まずはやっぽん、合格おめでとう!!
何もおめでとう会もしておらず、全くといってよい程、勉強できる環境を作っていなくて本当にごめんなさい。
一度、娘がノロウイルスにかかったとき、私にまで病気が移り、寝込んでどうしようもない日がありましたよね。
あの日が確かTAC講義の最終日だったような。
あの日は私も講義をせめて午前中だけは休んでくれ〜と本気で思ったし、やんちゃ盛りの子供がいて、毎週日曜日は自分の勉強タイムだなんて本当にうらめしいやらうらやましいやら…。
こんなんじゃ協力どころか、本当に最低限の授業を受けることぐらいしか、私からの協力はできなかったなと思い、反省しています。
生活(現実)と自分自身の向上(理想など)の時間のバランスが大変難しかったよね。
そんな中での合格、本当におめでとう!!!
これからもきっと現実の世界は待ち受けていると思うので(笑)、そんな中でお互いに頑張って協力して自分を高める時間を作っていけたらいいな、と心から思っています。

これからもダメな奥さんですがどうぞよろしくね!!
本当におめでとう(^0^)!!!
ゆかりどん。
2010/08/01 00:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
証券アナリスト合格&マインドマップ資格勉強術(我流) やっぽん・ゆかりどん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる