やっぽん・ゆかりどん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS テネシー旅行記(その1)

<<   作成日時 : 2010/04/10 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

やっぽんです。


遅ればせながらの報告ですが、3月26日〜4月2日の7泊8日でアメリカ・テネシー州を家族旅行してきました。


テネシーは、ゆかりどんの妹夫婦が2年間の予定で住んでいるのです。ちび2人を連れての長時間フライト+リゾート地でない所の海外旅行に不安があって躊躇していたのですが、子供達にとって異文化に触れる良い機会だと思い、清水の舞台から飛び降りる気持ちで思い切って行ってみました!


という訳で、このブログで数回に分けてその旅行記をアップしたいと思います。


前日はゆかりどん母に手伝ってもらっての荷作り。結局深夜までかかるハメに…。家族四人の衣類+日本からのお土産でトランク2台+ベビーカー+リュックサックx3の大掛かりな荷物になってしまいました。


成田発のフライトは10:50発のANA、シカゴ行き。シカゴで別便に乗り換えてテネシー州の州都ナッシュビルまで向かいます。


新宿発の7:00発の成田エキスプレスにギリギリで飛び乗ってセーフ。電車・車好きの息子は新型車両に乗れて大興奮。車窓からの風景を楽しんでました。親は睡眠不足で疲れ気味…。


成田に着いて早速チェックイン…と思ったら、長蛇の列。途方に暮れていると、ANAのスタッフが子供連れ客向けのファストパスカウンターに連れて行ってくれました。椅子に座っての手続き。本当に日本の航空会社はサービスが良いですね。


無事に荷物のチェックインを済ませ身軽になり、出国審査も無事に通り、いよいよフライト。


成田→シカゴ・オハラは11時間半の長時間フライト。4歳の娘には席を取り、もうすぐ2歳の息子は親のヒザに乗せることに。一番の懸念事項は子供達がこの長時間を我慢出来るかという事。成田空港のTSUTAYAでポータブルDVDプレイヤーを借りられるというサービスがあったのですが、時間がなかったため断念。機内の映画プログラムも充実していたのですが、娘と息子には子供向けの番組を繰り返し見せなければならなくて、結局夫婦そろって映画の一本も見ることが出来ませんでした。(『爆笑レッドカーペット』は見れましたけど(笑)。)


さすが日本が誇る航空会社、全日空のサービスは丁寧なものでした。運よく我が家はエコノミーでも比較的余裕のある最前列の席を取って頂き、スチュワーデスさん達にも色々と気を配って頂きました。機内ではアメリカ人の女の子(2歳位)と子供達が仲良くなり、お菓子やお絵かきセットの交換をしました。


そんなこんなで、やっとのことでシカゴに到着したのが現地時間の朝8時。早速入国審査へ。


9.11のテロ以降、米国への入国審査は厳しくなる一方。行く前にESTAでビザ免除の申請をせねばならなかったり、入国審査ではカメラと指紋を取らされました。審査官とのやり取りは『観光?』『はい。』でいつもは済むところが、『ナッシュビルに7日間?何で?』と訊かれ、妹夫婦の事を説明しなければなりませんでした。まぁテネシーはわざわざ海外から来て観光する所ではないけどさ…(笑)。それでも日本人は比較的簡単なやり取りで済むんですが、他のアジア人旅行客(中国人・タイ人)は色々根掘り葉掘り訊かれているみたいでした。


ゆかりどん・チビ二人は無事に審査に通ったのですが、僕の時になって指紋認証システムがおかしくなったようで、家族と離れてカウンター脇の事務所で待機を命じられました。そこにいたのは15分位でしたが、事務所では中東系の旅行客が数人いて、自分がテロリストか何かに疑われた気がしてあまり良い気分がしませんでした。まぁ結局、別カウンターに連れて行かれて指紋認証してお仕舞いだったんですけど。


乗り継ぎ便のチェックインも無事にすませ、国内線のターミナルへ移動。シカゴ・オハラ空港は全部で4つのターミナルがあり、その間を無人のモノレールが結んでいます(写真は車内)。


画像



ちび二人は日本時間の生活リズムで行動していたので、娘がベビーカーで爆睡。何故か息子はマイペースで元気ハツラツ。空港内を走り回って親を困らせました(苦笑)。


シカゴの国内線は白人の比率が高く、有色人種(黒人・アジア人)はあまり見なかったです。アメリカはニューヨーク・ワシントン・フィラデルフィアといった東海岸地域しか行った事がなかったし、特にニューヨークはそれこそ人種のるつぼといった感じで様々な人種・民族が混じって暮らしているので、中西部のこういった風景は新鮮でした。


とりあえず昼食という事で、空港内にあるチェーンレストラン、Chili'sへ。11時間のタフなフライトでしたが、ホームメイドハンバーガー+バドワイザーを頼みました。疲れていたのかバドワイザー1パイントで簡単酔いが回ってしまいました。ハンバーガーもボリュームがあり美味しかったです。これこそアメリカの味。(写真は息子とハンバーガー。迫力があります。)


画像



シカゴからナッシュビルまでは1時間半のフライト。今度の飛行機は4列の狭い飛行機。息子もさすがに愚図り、何とかかんとかあやしてナッシュビルに到着。


到着ゲートに行くと、この日のためにわざわざ早退してくれた義弟がお出迎え。やっとテネシーに着きました〜


…続きます(笑)。



シカゴ・デトロイト便利帳〈Vol.3〉インディアナ・ミネソタ・オハイオ・テネシー
Y’s Publishing Co.,Inc.

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おおおーー。壁紙がモニュメントバレーに!
7泊8日でがつんと休めちゃう仕組みがあるのはイイですね。
うけぴー
2010/04/10 19:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
テネシー旅行記(その1) やっぽん・ゆかりどん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる