やっぽん・ゆかりどん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京マラソン戦記(後編)

<<   作成日時 : 2010/03/01 00:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

これで東京マラソンの日記、最後の予定です(笑)。


東京マラソン当日


当初のスタート地点から公式のスタート地点(都庁真ん前)に着くのに12分程かかった。ということはタイムは12分引いて計算すればいいわけだ。僕の目標はサブ5、5時間以内にゴールする事。10km/hで走っていれば、後半のスタミナ切れを考慮に入れても間に合うはずだ。


スタート地点ではDJが盛り上げる。『マラソン初めての人、手を挙げて〜!』、僕も含めて周りの大勢が手を挙げる。それに対するDJの反応、『Are you sure??』。本当に可笑しい。東京マラソンのお陰で日本のランニング人口は急増した。石原都知事は政治手法には色々批判があるが、こういったお祭りイベントを考えるのは非常に上手いと思う。…と思っていたら、当の石原都知事がスタート地点でランナー達に手を振っていた。僕も手を振った。見てないと思うけど。


道路はランナー達で混雑していたが、沿道も応援する人々でぎっしり。心底、『これは楽しまねば!』と思った。


混雑す5km地点の神楽坂付近まで自分のペースを作る為、混雑の中をよけながら先へ先へと追い越していく。ランニングシューズに水が入る。困った、でも通気性が良いということは水が入りやすいという事でもある。しょうがない。さらには身体が暖まっていないせいか、スネと足首が少々重い。不安。


5km地点では給水所。僕はボトルを携行しているのでしばらく寄る必要がないと判断した。身体のエンジンがかかってきた。10km地点の日比谷公園、15km地点の品川駅、20km地点の日比谷公園・ペニンシュラホテルと順調に進む。


銀座に入る。もう半分だ。LSDの時より早いペースで進んでいるので、警戒して塩熱飴一個目。スポーツドリンクを凝縮したような味がする。銀座和光に差し掛かると、対向車線にはもう折り返しているグループが。でも彼らのペースが若干落ちているように見える。彼らは既に35km以上走っているので辛い辺りだろう。


こちらも浅草雷門を目指し一心不乱に走る。ここまでペースは落ちていない。浅草雷門では人形焼が振舞われるというが、僕が来たときにはなかった。売り切れたか。そしてついに30km。LSDでもこれ以上走った事が無い距離だ。パワージェルでエネルギー補給。


35km。雨が上がった。レインコートを脱ぎスタッフに渡した。銀座和光に辿りつき、晴海方面に向かうと、ランナーのヤル気を挫きそうな登り勾配のある勝鬨橋。なんとかかんとか越えて、ゴールまであと10キロ。


確実にスタミナも切れかけている。意識も若干ふらふらするし、左足の腿は痛みはしないものの時折力が抜ける感覚がある。何度も歩こうかと思う。自分との戦いになってきた。会社の同僚が住む勝どきや友人達が働く豊洲をそんな感じで抜けていった。


雨は上がり、空が明るくなった。ふと、『坂の上の雲』の一節を思い出す。「のぼっていく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかかやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼっていくであろう。」今の僕がそんな景色を見たら、感動で泣くだろうな。


有明を抜け、東京ビッグサイトがみえて、その前を走り、角を折れ曲がるとそこにはFINISHの文字。


ゴール!!思わず「やったー!」と叫んでしまった。


結果は4時間10分。初マラソンにしては中々の出来だと思う。サブ4狙えたかな?いや、そもそものペース設定じゃ無理だ(笑)。


スタッフの方々に「お疲れ様でした」とか「おめでとうございます」とか言われて、景品やらタオルやら渡されるうちにこみ上げるものがあった。


着替えの荷物を受け取り、携帯を確認するとゆかりどん達が電車でこちらに向かっているとの事。ゴールの瞬間には立ち会えなかったが、僕の母と一緒に来ているらしい。さらに父と妹が車で別に来てくれたので助かった。何しろ、僕の脚はゴールした瞬間、棒のように動かなくなったし。やれやれ。


でも、「少なくとも最後まで歩かなかった。」(by 村上春樹 『走ることについて語るときに僕の語ること』)

走ることについて語るときに僕の語ること
文藝春秋
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



あとがき


振り返って考えてみると、好タイムが出せたのは諸条件が上手く働いていたせいだとも思う。

@雨天というバッドコンディションだったが、同時に大量の発汗による電解質不足も起きにくかった。(修善寺マラソンではこれが起こった。)
A馴染みがある場所を走るのでマイルストーンを作れた(祝田橋、銀座和光、雷門…といった具合に)。それによって明確な目標を作れて精神的に楽な気持ちになれた。…という事は見知らぬ土地でのマラソンは厳しいという事ですね。
B東京マラソンはボランティアによるサポートが非常に充実している。2.5kmおきの給水所や給食所。トイレもコース沿いに十分に設置されているし、応援によるパフォーマンスも走りながら見ていて楽しい。


初マラソンが東京マラソンになった訳ですが、サポートやコースをといった内容を考えると初心者にオススメのレースだと思いました。「とりあえず応募したら当たっちゃった」→「トレーニング始めてみるか」という入り方でもいいんじゃないでしょうか?


今後もマラソン参加するか?現時点では『やれやれ終わった〜』という気持ちが強くて、とても次のイベントは考えられません。『坂の上の雲』も読み終わったし、バンクーバー・オリンピックの世紀の一戦、『浅田真央 vs, キム・ヨナ』も決着がついたし、そして東京マラソンも終わったので、ちょっと気持ちが抜けてしまった感じです。次の目標を早く考えないと。


という訳で長々とお付き合い頂き、ありがとうございました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
何年ぶりか?の登場ゆかりどんです。
今日は初めてのフルマラソン、大変お疲れ様でした!!
まさかまさか完走するとは!!
ランナーの現在地が5kmずつタイムと共に携帯で見ることができるのですが、
まさかまさかの30分間隔で走っている。しかもペースが一向に落ちないのを見て
正直驚きました
やっぽん母が大の駅伝・マラソン好きなのですが、やっぽん母も好タイムにビックリ
倒れないで楽しんで欲しいというのが私の願いでしたが、無事に完走&好タイム更新ということで、本当に素晴らしい出来だったと思います
趣味の一つになるといいねぇ

大雨の中応援に行くのをためらっていたゆかりどんに「パパ見に行こうよ!!」と後押ししてくれた娘に感謝!!
ゴールに間に合わなくてごめんね
今度やっぽんが走る機会があったら、家族で出来る限りの応援をしたいと思います!!

本当に今日はお疲れ様でした!!そして良い一日をありがとう(^−^)!!
ゆかりどん。
2010/03/01 00:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京マラソン戦記(後編) やっぽん・ゆかりどん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる