やっぽん・ゆかりどん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 坂の上の雲

<<   作成日時 : 2010/01/11 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

やっぽんです。今回の日記はちょっと長いです


「坂の上の雲」に今、ハマってます。きっかけはNHKのドラマなんですが。はい。ミーハーです(笑)。
 という訳で、遅ればせながら司馬遼太郎の原作を読んでいます。読みながら考えさせられるのですが、明治維新から日清・日露戦争に至るあの時代の日本から色々学べるものがあるんじゃないかと。
 フランス仕込みの騎兵法で日本陸軍を強化し、日露戦争でコサック騎兵を破った秋山好古。古今東西の兵法書を読み漁り、日露戦争で奇策を繰り出しバルチック艦隊を破った秋山真之。この兄弟が物語の主人公なのですが、他の人物もキャラクターが濃い。
 海軍司令長官となる東郷平八郎(現在、3巻を読んでいる段階なので、この人物の印象は実はあんまり強くないです(汗))。その東郷を司令長官に抜擢し、海軍人事を実力重視で一新させた山本権兵衛。当時相手すらされなかった英国と、外交策略を駆使して同盟にこぎつけた小村寿太郎等等。(もう一人の主人公、正岡子規もいるんですが、日露戦争に絞りました。)
 あの時代の日本は欧米列強に比べると全然未開国であった。やっと開国したと思ったら、時は既に帝国主義の時代。軍事力・産業力が劣っていればすぐに植民地にされてしまう。で、あの頃の日本人達は自分達の国を守る為、必死に徒手空拳でもがいていった訳です。
 今は、あの時代みたいに露骨に軍事力をちらつかせて各国が脅しあうような状態ではないですが、代わりに経済力での戦いになってますよね。世界のリーディングカントリーでありつづけようとするアメリカ。安価な労働力でマーケットを引き寄せようとする中国・インド。豊富な資源で発言力を高めているアラブ諸国・ロシア。一枚岩で頑張るヨーロッパ諸国。そんな中で、諸外国に媚売って友愛だなんて呑気な事をいっている日本は…嗚呼。ポッポ政権の事を憂うと気が重くなるのでそこまでにすることにして(笑)。
 とにかく、この小説を通して感動するのは、あの時代の主人公達が「日本のために」「日本人として」頑張っていた姿です。それに比べると、会社で外国人達とのコミュニケーションやカルチャーの違いに悩んでいる自分が情けない…。


 といった状況の中で、昨日土曜日、僕のマインドマップの師、ムッシュさんが主催した「新春マインドマップ書初めセミナー」に行ってきました。これが良かった。
 今回の趣旨は今年一年の自分の目標&アクションプランをマインドマップに描くことです。
 去年は昇進して初めての年で自分は守りに徹してしまい、結局ストレスを抱え込んで辛い一年でした。そうした一年を経て、明確な目標を持ち攻める続けることの大切さ、自分の潜在意識に働きかけモチベーションを保つ事の重要性を改めて痛感したのでした。そんな中で今回のセミナーは自分にとってタイムリーでした。
 そして、年末・年始から読んでいる「坂の上の雲」ドラマのエンディング・テーマ+サラ・ブライトマンが歌う主題歌のイメージが見事に組みあがって、僕のマインドマップのBOI(中心イメージ)がカチリと決まったのです!!↓↓↓↓↓↓↓


画像



 僕が書いたマインドマップの中では、五感がリンクした中々の出来だと手前味噌ながら思っています
 それからセミナーでは神田昌則氏の「全脳思考モデル」にも触れて、それを使ってアクションプランを作成しました。こないだ神田氏の本を読んでトライしてみたいと思っていたので、これもタイムリーでした。

全脳思考
ダイヤモンド社
2009-06-12
神田 昌典


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



 このセミナーのあとに懇親会(=食事会)があり、色んな方と知り合いになって刺激を受けました。これからは定期的にセミナーに顔を出して自分をリフレッシュした方がいいなと思いました。


 …でセミナー中に「坂の上の雲」の話で参加者の間で盛り上がっていた所、ムッシュさんに「戦艦三笠を観に行った?」と訊かれました。聞けば横須賀にあるとのこと。…という訳で今日↓↓↓↓↓↓↓


画像



行ってきたぞなもし(爆)。写真は東郷平八郎像+戦艦三笠の前でポーズを取る娘。3ヶ月ぶりのレンタカー借りてのドライヴでした。よこすか海軍カレーも食べたが、美味しかったが普通のライスカレーと何が違うかわからんぞなもし。そんなんじゃ東京に進出できんぞ(笑)。


画像



息子の写真↑。子供達は甲板からの風景には興奮してましたがすぐに飽きて公園の遊具に熱中してました(トホホ)。


…という訳で、坂の上の雲+マインドマップ+横須賀の三本立てになってしまった今回の日記でした。お付き合い頂き、ありがとうございました!m(_ _)m








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
戦艦というのはもっと物々しいのかと思った。

今の外交は、、。ねぇ・・・。存在感が薄れてるよね。。。

とかいうことを書いてる自分が、例えば、坂の上の雲の主要人物のような気概があるかというと、、うん、、全くダメなんだけど。。
ふるかw
2010/01/12 21:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
坂の上の雲 やっぽん・ゆかりどん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる